読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

けばり *>*))))>(

小渓のヤマメ攻略毛鉤を補充。

GWを過ぎたら梅雨の雨の時期まで減水もあって、どこの渓流もスレっからしヤマメばかりになってるんではないかと思いますね。そんな中で、この前の初戦も例のごとくスレっからしヤマメと対峙してきたわけなんですが、対小渓ヤマメの毛鉤バリエーションが流れ…

毛鉤巻!

今期遅れた初陣に備えて毛鉤巻き!岩魚が釣りたいですよ、岩魚!オーナーの「手研イワナ」と言う鈎で、この形状に惹かれてしまいまして、しかも処分価格だったので大人買い。餌用鈎のこの独特の形状は、大変にお気に入りでして、自作アイで作ることでより雰…

久しぶりの投稿ですな!

解禁して、早ひと月半も経とうかとしておりますが、なかなか釣りに行かれませんので悶々とした生活を送っておりましたよ。けばりを巻く元気もありませんでね、久しぶりにたくさん巻いたんですよ。テンカラ毛鉤らしい、なんて言いますと語弊があるのかもしれ…

ミッジ巻き巻き。

今日は祝日なんですねぇ。電車が来る時刻がいつもと違うんで気づきましたよ。暖冬と言われながらもですね、少しづつ例年の気温に近づいてるんじゃないかって感じてますのでね、小さい毛鉤を補充しようと思いましたので、#16から巻きはじめまして、#18-#20-#2…

普通の人にとってはただのゴミだけれども。

昨日は、暑かったですなぁ。12月なのに半袖で行動しとりましたよ。異常気象と異常気象と言われてますけどねぇ。こちら自宅周辺はやっと紅葉やらなんやらが赤く色付いて見頃を迎えとりますよ。マス釣りに行ってなくて久しいんですが、とりあえず、これ↓なん…

半熟卵。

お寒うございますなぁ。ついにですよ、クリーニング上がりのビニールの膜を破って封印を解きましてね、コートを出しちゃいましたよ。そんな寒い時は家に篭って毛鉤巻を楽しんでいますよ。巻く時には、何かしらの目的を持ってですね、巻く事に取り組んでいる…

管釣り用イカ毛鉤。

12月に突入して今年も残すところあと僅かかぁ…解禁日が近づいてくるのは誠に嬉しいものなんですがね。ちょいッと早すぎやしませんか?スローライフを目指したいものですなぁ。 毛鉤を巻いてるとですね、そりゃあっという間に時間が過ぎるわけですが、管釣り…

チューブで逆さ毛鉤

昨日投稿したチューブの毛鉤作成で出た余分を使い、チューブで逆さ毛鉤に挑戦! 「遊動式筒型逆さ花笠毛鉤」なんて名前になるんでしょうかね。 フックサイズでいうと#8相当のサイズ感です。 まだまだ改良は必要ですが、試作第1号としてはなかなかに良くでき…

チューブに手を出して。

世間は三連休ですな。いかがお過ごしでしょうか?昨日は、せっかくの休みでしたが自宅待機日とあり家にいるも、約束のあった先方が急病により予定がキャンセルになってしまうという…しかも、時間は昼時を過ぎてしまっていた。バイクの方も車検とあって、代車…

フワフワパン毛鉤のタイイングムービー。

鯉釣りで使っているフワフワパン毛鉤のタイイング動画を撮りました。 www.youtube.com 動画中Magic Toolを使用していますが、金属やプラスチック製の3~5cmほどのクリップがあれば、適当な長さに切り出したヤーンを解して並べ、半分弱の位置で挟むことでMagic…

エビフライ。

エビフライを巻きました。フライと書くと、フライフィッシング専用のようなイメージがしますが、テンカラでも使います。でも、フライのキャス練に加えて鯉やスモールマウスバス、ナマズなんかも釣れたらいいなと言う下心があるんですが…(笑)お気に入りの、…

夢は大きく!さらに大きくなる毛鉤!

先日の釣行では、その前の蛭神様の守る渓の時に使用した#10に巻いた毛鉤より、一段階大きくした#8に巻いた毛鉤をメインに使用しました。今までの感覚からも、大きく見えてしまい半信半疑なぶぶんもありました。しかし、早い段階で7寸強が釣れ、さらには17cm…

大きくなる毛鉤。

季節的なこともあるでしょうか。イワナを狙っていることもあるでしょうか。 最近、毛鉤のサイズが大きくなってきました。以前では、飛び道具的な意味合いで持ち歩いていた#8や#6に巻いた毛鉤が、飛び道具ではない存在になりつつあります。 先日の釣行では#10…

夏だ!カディスだ!

最近は、面倒な事が立て続けに起こる上に、大好きなジャンク甘味フードのハリボーを頬張っていると、銀色の詰め物が取れてしまい、さらに、噛んで歯が欠けるという(大汗) 時間を見つけては歯科医に行き、修繕してもらいます。しかし、歯がしっかりないと美…

イワナは、シルエット重視なのか!?

イワナを釣る!と対象をイワナに絞った時に有効なのは、シルエットを重視した毛鉤ではないかと思うことがしばしばです。 基本的に、底付近に定位していて、眼も上方を見やすいようについています。 底から上を見上げた時にら晴れでも曇りでもコントラストの…

メインの毛鉤を巻きながら。良き毛鉤とは?

メインで使っている毛鉤を巻き貯めました。 キャスティング練習のかいあってか、1釣行でのロストは1、2本と以前に比べれば格段にロスト数が減りました。 しかし、針先がにぶったりしてやむなく役目を終える毛鉤もあり、ストックがだいぶ減っていました。 …

沈み剣羽根ぜんまい胴。剣羽根ゼンマイ胴が良く釣れる理由を考える。

一軍の中で、お気に入りフックのがまかつB11-BTに巻いている「剣羽根ぜんまい胴毛鉤」。こちら↓のパターンですが、見た目のフォルムは普通の剣羽根ぜんまい胴と同じです。タングステンワイヤーを胴のベースとしているので、フォルムは変えずに仕込んだウエイ…

新しい毛鉤ケースをいっぱいに。

先日、新しく手に入れたC&FのウッドフライケースシリーズC&F DESIGN | フライケース | ウッドフライケースは、ドライ中心に用意することにしました。新たに毛鉤を少しづつ巻き貯めました。CDCを使用した毛鉤が半数以上で、浮かべても、沈めても釣れる水陸両…

沈ませる。<沈み綿毛逆さ毛鉤>

こちらは、主力毛鉤の撃沈版「沈み綿毛逆さ毛鉤」です。一見普通の逆さ毛鉤ですが、タングテンワイヤーでボディを形成する事でウエイトを仕込んであります。レッドワイヤーを使用するより、使い易く、綺麗に形成出来るのでお気に入りアイテムの一つとなって…

綿毛逆さ毛鉤。

綿毛が好きな自分は、蓑毛にたっぷりと使います。皆様、綿毛は普通、毟りとって捨ててしまう部分ですよね?自分の場合、反対に、一般的に使用するファイバー部分は、少しだけ使っています。これは、綿毛部分が水中で揺らめくことで、毛鉤が自発的に「おいで…

ピンセット感覚のハサミ2

先日、購入し、ダイイングで使用中のピンセット感覚のハサミですが、ふとしたことから、良い感じの使い方を発見してしまいました。 それは、このように↓箸のように、エンピツのように持ってカットすることです。 こうすることで、左利きでも「「上の刃に下向…

ピンセット感覚のハサミをゲット!

前々から気になりつつも、その異様な形状と軟弱そうな雰囲気から使うことを躊躇していたピンセットタイプのハサミをゲットました。 タイイングにおいて、ボビン、バイス、ハサミは三大最重要アイテムで何よりも良いものを優先させるべきところだと思っていま…

実験しながら来る解禁に胸踊る。

先日巻いたWally Wing CDC Mayfly コカゲロウバージョンの実験台数本での改良実験中に胸踊る光景が(笑) 毛鉤に近づく魚影!ドキドキの瞬間です!!! こちらは本物のコカゲロウのダン。 ダンウイングのように染色もしてみました。水中から見た感じでどの色…

たくさん巻きました。

Wally Wing CDC May flyのコカゲロウバージョンをたくさん巻きました。ざっと30本。内4本は実験台w 天然素材のみで、均一に作る難しさと大変さはかなりなものですね。 まだまだ巻きまっせw

グロッキーな今週。

今週は、ミッジを巻いたり、キャス練にいったりして楽しく過ごそうと思っていましたが..... 月曜の帰宅途中の深夜に、最寄り駅近くの駐輪場でしっかりと施錠していた自転車をパクられ、そのまま警察を呼んで寒い中待たされ、被害届を出しました。翌日には、…

すれ鱒屋、高橋 章さんのタイイングデモに行ってきました。

LTLで行われた「すれ鱒屋」、高橋 章さんのタイイングデモンストレーションへ行ってきました。関東近郊のスレッカラシヤマメと対戦、攻略するためのミッジメインのデモです。ミッジは個人的にも使うので興味深々でしたw予定時間より早めに着くと、もう何人か…

真っ黒CDC.

真っ黒のCDCは、初めて見ました。またしてもペティジャン氏のデモの時に初お披露目の新製品、ダイドブラックです。 この黒いCDC。その細さと毛羽立ちから、ものすごいインセクト感を醸し出しています。特に陸水昆虫やハエ目などのレッグ感はかなりなものです…

やられた!!!(大汗)〜グロ注意〜

解禁も日に日に近付いて来ますね。 メインの毛鉤ケースの穴埋めの為の毛鉤巻きやフォーメーションチェンジ、メンバーチェンジなどなどしながら、来る開幕戦の準備をしています。 メンバーチェンジのために逆さ毛鉤用のストックケースを開くと、なぜかバラバ…

Wally Wing CDC Midge 〜限界へ挑戦中〜

お気に入りのウォーリーウイングパターン。 小さくとも#18のフックサイズまでに巻いてきました。今回は、小さなミッジにも応用できないかと挑戦してみました。 #20からは、やはり難しくなりましたね。 左は、Gamakatsu S10-Bの#16に巻いたウォーリーウイン…

スイミングテストで遊ぶ。

先日巻いたストリーマー系にマジックヘッドを使ったパターンを水槽で泳がせテスト(遊び)をしてみました。こちらがペティジャンから出ているマジックヘッド。フックサイズに応じて数段分あります。#12のB10Sに巻いたこちら↓に#16-12対応のマジックヘッドを取…

ストリーマーを巻きました。

ストリーマー系は、シーズン中の渓での出番はありませんが管釣では使ったりします。特に大型の魚が入っているようなところで使用すれば、その効果は抜群ですね。 乾燥状態のストリーマー系は、まるで小魚に見えないことが多いのですが、一度水中に入ると水を…

雪が降ったのでMPフライ擬を巻く。

朝起きると、あっさり雪化粧の東京です。最近は、よくない意味で天気予報が当たりますね(汗) 今日は、立川のⓂ︎隊長が潜んでいるであろう敷地方面へお出かけの用事があったので、立川にて好きなお好み焼き屋さんで昼食と書店にて「別冊 渓流 春号」をゲット…

毛鉤巻き研究会へ。

Uさんに同乗させて頂き☆は☆ちゃんとTTCは毛鉤巻き研究会へ行ってきました。先月よりまた一段と減水したようです。 今回は、厳寒期にも関わらず大賑わい! 中央の4名は、初めての方々。愛知県から遠路遥々いらした方も!基本から集中して学ばれていました。 3…

Marc PetitJean氏のタイイングを見学してきました。

憧れのタイヤー、Marc Petit Jean氏の来日に合わせてLTLで行われたデモにお誘い頂き見学する事が出来ました。今日と明日の二日間に渡って代官山のレストランを貸し切ったTMC主催の完予約制イベントを開催、その後、横浜フィッシングショーまで滞在されるんだ…

ドラワカを作ってみました。

通称「ドラワカ」は、ドライワカサギやフローティングワカサギと呼ばれているもので、湖などで接岸するワカサギを狙って来る大型トラウトなどを狙うパターンです。シーズンインする前に試しに作ってみました。作るにあたり、魚屋で売っていた美味そうなワカ…

季節を先取りしてセミを巻く。

ウォリーウイングとCDCを使ったセミを試作しました。カッコよく横文字で言えば「Wally Wing CDC Ciceda」ですね。ウイングは、かなり大きい事もありマラブーをチョイス。マラブーなら乾燥状態であれば、BHウーリーバーガーでもテールで浮いてしまう事がある…

ウォーリーウイングの毛鉤タイイング動画。

サイドワインダーのように難しくなく、クイルを使用した毛鉤より耐久性もあり、リアルで浮力も良いウォーリーウイングとCDCを使用した毛鉤のタイイングの動画アップのリクエストを頂いたので撮ってみました。 ウォーリーウイングは、マラード(マガモ)の羽を…

ユスリカ

今日も寒いですね!年始は近くの湧き水小河川でキャス練とオイカワ釣りにでも行こうと思っています。こんなに寒い中、外のバイオトープ鉢では、ユスリカがハッチしアダルトの死骸が浮いていたりします。湧き水の川であれば水温が高く常時ハッチしているでし…

CDC パラシュート。

夜な夜な、内職のごとく毛鉤を巻きまくっています(笑)タイイング道具を出しっぱなしでも、お咎めなしでいつでも巻けるんです。 季節を先取りしすぎですが、CDCパラシュートを巻きました。 上から見たときにも、ハックル同様に円形に。 Hook→TMC531 #18 Thr…

Wally Wing CDC Caddis.

昨日は、雪は降りませんでしたね。降って欲しくないようで、降って欲しいような微妙な気分でした(笑)こんなのも巻きました。ウォーリー・ウイングのCDCカディスです。Hook→TMC105BL #17Thread→veevus 10/0 (White)Abdomen→Pheasant TailWing→Hen Pheasant …

ウェット モスキート。

寒いです。今夜は、東京も雪になるかもしれないそうですね。今は冷たい雨が降っています。 そんな日は、引き籠って毛鉤巻きを楽しみましょう(笑) 沈めて使う事が前提の「ウェット・モスキート」を巻きました。(フロータントを使用すれば半沈みパターンとし…

フェザントテイルニンフのタイイング動画。

いつでもどこでも春夏秋冬使える唯一無二の世界的ヒット毛鉤で、しかも、どの国でも間違いない毛鉤の一つではないでしょうか。 その「Pheasant Tail Nymph」のタイイング動画を撮りました。 動画はコチラ↓↓↓ Pheasant Tail Nymph.(英国式ピンチョロ毛鉤) - …

蓄光目玉毛鉤ピンバッヂ

釣りの時の帽子に、何かしらの毛鉤ピンバッヂを作り、着けていますが、新しい毛鉤会帽のがなかったので作ることにしました。今回は、蓄光目玉毛鉤のピンバッヂ。 今期、注目度が急上昇した、あのハリガネムシの宿主のバッタ類をイメージしてみました。 上か…

工作系毛鉤。

最近は、朝起きれませんね。身体が冬眠モードに入ったのでしょうか。日中も常に眠いのです。夜が来て眠るまで眠い… 毛鉤や釣りの事を考えている時はシャキッとしているんですが。 毛鉤を作るときは、実用的で時間の掛からない事を優先して巻いています。 し…

毛鉤巻き研究会に参加してきました。

昨日は、晩秋のTTCで毛鉤研究会があり参加してきました。 快晴の暖かな陽気に、魚たちのご機嫌はどうかな? 朝から竿の改造や釣り場、面白情報などなどが交わされます。 冬季は9時より二階のスペースで、お題や各自の課題のほか、その日の状況に合わせて毛鉤…

ミッジアダルト。

本格的に寒くなってきました。川の中も陽のあたった3時頃のワンチャンスと言う具合になってくるでしょうか。まだまだミッジの独壇場と言うわけではないと思いますが、ミッジの釣りを練習、楽しみたいと思っています。ミッジ逆さに次ぐ小ささのミッジアダルト…

Pheasant Feather Nymph Tying Movie.

雉(Hen Pheasant)の羽だけで作るニンフのタイイング動画です。 「毛沢山」や「毛適当」が職漁師風とするならば、こちらはより今風な感じですね。 『毛変態』と言う名前にしてしまおうかな?ニンフは、変態しますしね(笑) BHにしても良し、レッドワイヤー…

「毛沢山」と「毛適当」のTying Movie.

「毛沢山」と「毛適当」と言う毛鉤は、2012年1月22日に、それぞれKG大師匠と吉田代表より命名頂いた、めちゃ釣れ毛鉤の名前です。これらのタイイング動画を撮りました。 毛が沢山だから「もうたくさん」。適当に巻いたとしか思えないので「もうてきとう」(…

ガガンボパターン

先日のシャロムの森へ出かけた時に、たくさんのガガンボを見ました。 さらに、石の上に無数の筋のようになっていたのは、ラーバ(幼虫)の巣だったのでしょう。ガガンボタイプの毛鉤を持っていれば、より容易に食ってきたかもしれませんね。フライでは、春に…

The Tiny Little Demonsと名ずけよう(笑)

釣行前にストック毛鉤からあれこれ考えながら構成を練って入れ替える作業も楽しいものです。ミッジのストックから、ミッジ用のケースに数本づつ並べてみました。(上#22のニンフ、左#26のピューパ〜アダルト風、下#32の逆さ)このケースは、キャンディの入って…