読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

工作 ϵ( 'Θ' )϶

遠征前に完成!

遠征前に、なんとか間に合わせるべく、一生懸命、竿の加工をしていました! 前の釣行で少し使ってみたところから、握りの塗りのほか、バット部分のエポキシコーティング加工を施して仕上げました。 今回の握りの塗りは、透8:淡透2の割合で混ぜ合わせた新う…

五徳を自作。

五徳を自作してみました。 材料は、100均で売っていたBBQ用ステンレス製の串(5本入り)と、ミニ四駆で使っていたネジ、ワッシャーナット。 串には、最初から小さな穴が空いているので、そこを中心に折りたためるようにして、初期状態でネジってあった串のネジ…

Mr.研ぎ出しクロス。

先日、完了した3度目のコーティングがしっかりと固まりましたので、ゴミが付いてエクボのようになってしまったところを無くすために均していきましたよ。 最初は、耐水ペーパー#1000を使いまして水研ぎしまして、平らになったところで、GSIクレオスの「Mr.研…

3度目のエポキシコーティング。

1回目のコーティングで、かなり凸凹になってしまいまして、ヤスリがけしてできるだけ平らになるようにいたしましてね、2回目のコーティングであらかた平らに修正していたんですよ。 そこからさらにヤスリがけしましてね、3回目の仕上げコーテイング作業を…

自作ロッドドライヤーを改良。

前に、ロッドをエポキシコーティングするのに主にミニ四駆用アイテムとタミヤの低速ギアボックスを使いまして、どこでも作業ができるように単3電池x2で動くように作ったんですよ。 低予算でなかなかに良くできたとは思うんですが、単三のノーマルエネループ…

デコボコなエポキシコーティング。

先日、エポキシコーティングしたんですがね、やっぱり思った以上にデコボコになってしまったんですよ。ジャストエースの低粘度のコーティング用エポキシをつかって、比較的塗りやすいんですがね…塗った時は、いい感じで平面にできたんですよ。しかしですね、…

エポキシコーティンング。

自作のロッドドライヤーに竿をセット致しまして、エポキシコーティング作業に入りましたよ。 コーティング用のエポキシはですね、粘度が低く塗りやすいというジャストエースのコーティング剤ウルトラコート(JUC-50)を使いましてね、ナイロンの平筆で塗って…

ネーム入れ。

ネーム入れしましたよ。 銘はですね「別誂 彩峰てんから 山女魚」にいたしまして、裏目にはちゃんとネームも入っていますよ。 ネーム入れ用に沢山あるアイテムからですよ、何が良いものかと御ネット様に「ネーム入れ」とお伺いしてみたところMr.プライム氏の…

自作ロッドドライヤー。

竿に飾り巻きも施しましたしね、残すところはネーム入れなんですが、同時進行で後のエポキシコーティングに備えましてロッドドライヤーを自作してみましたよ。 工作といえばTAMIYA☆★でしょと、楽しい工作シリーズNO.189「ミニモーター低速ギアボックス(4速…

飾り巻き。

先日完成した竿にネーム入れをしようと思っていましてね、道具をあれこれと自作しながら準備しているところなんですよ。 竿の胴部分もですね、来るネーム入れの日に備えまして、塗装をですね#1000と#1500の耐水ペーパーで水研ぎして綺麗に均しましたよ。 …

布袋竹グリップが完成。

スムーズに進行した布袋竹グリップと竿栓も、新うるし(淡透)を使いまして8回もの塗って研ぎを繰り返しましてね、#1200-#1500と水研ぎいたしまして、ふぐ印コータクを使って布でコシコシコシコシと磨き上げまして、ようやっと完成いたしましたよ。 次はで…

塗り始め!

藤巻きも終わりましたのでね、早速、新うるしを使って塗って行きますよ。今回は、漆感というよりはですね、竹のナチュラルな感じを残したいなと思いまして淡透だけで塗って行こうと、今の所は思っているんですがね。新うるしと専用薄め液でオイスターソース…

藤巻き。

JSYに出かけまして、「藤」を買ってきましたよ。極細から極太までありましてね、細い方が値段が高いんですよ。藤の作り方を見たらなるほど納得でございますな。一通り見たところ極細と細辺りが一番しっくりくる太さでしたので、細を買いましてね、3m×3束=9m…

竿栓も。

グリップ用に切り出した竹から出た余分で竿栓も作りましたよ。金剛の時はですね、グリップの完成後に竿栓を作った事もありまして、塗るときの色の調整が面倒でしたよ。今回の竿栓はですよ、後のズーム加工(今のところ予定なし)を考慮いたしましてね、少し長…

藤巻きの下ごしらえ。

別誂金剛特性布袋竹握りの時はですね、ワインディングチェックを取り付けまして、研ぎ出し加工を施したんですがね、今回は藤巻きをしようとおもいまして、布袋竹グリップと元竿の段差を埋めるために紙粘土を使いまして錐形にして土台を作りましたよ。 和竿な…

布袋竹握り作成開始!

前の別誂 金剛てんから(改)特性布袋竹握りを作った時の余りを使って、新たに別の竿用の握りをつくりはじめましたよ。今回は、竿も好みの調子を目指して弄ってやろうと思っていましてね、スズミの彩峰ハエ39をベースに元竿を抜きまして、穂先きも抜くか詰める…

パイプスタンドを自作。

いやいや今日はシンバれますぞ!朝方なんかみぞれ気味でしたよ!パイプタバコなんてものに手を出して8年ほどに何でしょうかねぇ。葉っぱ毎に何本もパイプを所持する人もいるみたいなんですがね、お気に入りの葉っぱが見つかってからは一銘柄しか使わないので…

自作アイテムゲットだぜ!

こんなの買いましたよ。 ミシンですよぉ。 ミシンなんか触るのは中学生の時の家庭科の時間ぶりだと思うんですがね、ずっと欲しかったんでね、使い方とかよく覚えてないし、服を縫ったりするわけじゃないから、中古のやっすいヤツを探してましたらね、ヤフオ…

超簡単!カシメて作るラインクリーニングパッド。

連続、自作ネタの投稿になりますなぁ。 自作っていいもんですよ。市販品ではありえない、自分好みのサイズ感、使い勝手、デザインを手にすることができますからねぇ。 今回は、ラインのクリーニングやドレッシングを施すためのパッドを作りましたよ。 4cm幅…

超簡単!自作するウェイストラインホルダー。

さあ、これなんでしょう? 女性なら見たことありますでしょう?そうです、ヘアカーラーでございます。 タイトルで横文字でカッコよくですね、ウェイストラインホルダーなんて書きましたがね、ハリスとかのラインの余分を巻いて置いてですね、持ち帰るための…

自作インジケーター。

来週の火曜日にですね、フィシュオン鹿留の方へですよ、フライフィシングの超初心者とフライフィシングと言うか、釣り自体がまるっきり初めての2人を連れて行く事になりましたよ。もちろん釣り方はフライフィシングですなぁ。 フライフィシングの方は、釣ら…

毛鉤アクセサリー。

時々、安全ピンにタイイングして、帽子などにつける毛鉤アクセサリーを作っています。 今回は、小さな#12サイズの安全ピンが一本だけ手に入ったので、ここぞとばかりに作りました(笑) 蓄光目玉鴨尻毛蜉蝣。横文字で言うと、Glow Eye CDC Wally Wing May F…

カシメて作った三脚ホルダー。

禁漁期は、来季に向けた管釣りなどでの練習や、他釣種に触れることによるヒントを得る他に、「不善」という、余裕を持ってじっくりと自作に浸れる期間でもあります。 禁漁期に入り、もう、渓が恋しい...というわけで、「釣り」ではなく「撮り」に行こうと思…

回転リリアン、実は良い!?

先日の釣行納竿の時に、水舞40の穂先先端から誤って折っしまいました。 溜まりに溜まった蜘蛛の巣の糸が接続部分に絡まり、固着してしまったところを力づくで外そうとしたことが原因のようです。 よく見てみると枝や岩にぶつけたり、擦ったりとガサツな扱い…

燕翔LT36SV用の竿栓塗りとお絵描き。

4/20の「燕翔LT36SVの竿栓作り」で完成した竿栓。これを、新うるしを使い塗って乾燥しては研いでを繰り返し、今頃は、塗り終えていてもおかしくありません。 2回目を研ぎ終えたところで、またしてもお絵描きしたい衝動に駆られてしまい、お絵描きしてしまい…

ワンタッチランディングネットのグリップ塗りなおし完了!

新うるしを使った塗装は、塗っては研ぎを繰り返すので、完成まで時間がかかってしまいます。 さらには、新うるしを使って絵まで描いてしまってので、余計に時間がかかりました。 しかし、銘木のグリップを使用した高級インスタネットにも引けを取らない感じ…

自作竿栓の栓を自作。

「自作竿栓の栓を自作」と変なタイトルですが、先日作ったブナ材の木管を加工したものは、まだただの管の状態なので、これのための栓を作らなくてなりませんでした。 ホームセンターをうろうろして、使えそうなものを見て回ります。加工済み木管を使用したの…

ズーム加工した燕翔LT36SVの竿栓作り。

27-30-33-36のズーム加工を施した燕翔LT36SVの竿栓を作り始めました。 何か良い素材を求めてホームセンター数店をうろついてみましたが、加工の楽そうなものがありません。 塩ビ管には、ぴったりサイズもありましたが、ちょっと見ため的にNGですね(汗) そ…

ラインのための接続には何のノットが適してる?

ライン同士を接続するノットには多種ありますが、太さの違うナイロンやフロロ同士の接続ではエイトノット、サージョンスノット(ダブル、トリプル)、電車結び、ブラッドノットが一般的なところかと思います。 この中でも、お手軽なのはノットは、エイトノッ…

塗り途中にお絵描き。

新うるしを使い塗りなおし中のワンタッチランディングネットのグリップですが、3回目を塗り終え、乾燥後、研いだところで、なにかワンポイント欲しいなと思いました。 そこで、新うるしの黒を使い、ヤマメのシルエットを描きました。 薄めずに原液を使うので…

ワンタッチランディングネットのグリップを塗り直す 2。

さすがの木といったところで、一回目の塗りがほとんど吸われてしまいました。 そこで、少し薄めに用意した新うるしを、2回塗って下地としました。一回づつ#400の耐水ペーパーを使い、均しました。2回目の乾燥後は、#240と#400の耐水ペーパーを使い、一度、…

カシメて作るインスタネットケースの完成。

カシメて作るインスタネットケースが完成しました。 最後の蓋の部分は、「ジャンパーホック」を使いました。こういったボタンタイプには、もう一つ「バネホック」というタイプもあります。ホックの強さの違いもあり、「ジャンパーホック>バネホック」になり…

ワンタッチランディングネットのグリップを塗り直す。

ダイワの、ワンタッチランディングネットSのグリップは、木製で雰囲気も良いのですが、岩に擦れたりして塗装が剥げてきてしまい、みすぼらしくなってきたので塗り直すことにしました。金具を取り外し、#100と#240のペーバーで、塗装面を削り取りました。木目…

カシメて作るインスタネットケース。

昨年、プライムタイムのバンブーランディングネットを手に入れましたが、実際に釣りに行くときは、折りたたみ式の、シマノの「フォールディングタモ」や、ダイワの「ワンタッチランディングネット」を使っています。 専用のケースが付属していますが、使って…

燕翔もズーム加工。

K-CUPの賞品で頂いた、ダイワの「Tenkara 燕翔 LT36SV」のズーム加工をしました。 下栓を抜いてみると、とても加工しやすそうでした。各節元に見えるリング状の加工は、固着防止加工でしょうか? ゴムの角棒をカッターで円錐柱状に加工して、元上竿栓としま…

完成! 『布袋竹竿栓』

「別誂・金剛36特製布袋竹握り」用の「布袋竹竿栓」が完成しました。 う〜ん!美しいぃ〜!!!と一人でにやけてしまいます(笑) 塗っては研ぎを合計で4回繰り返しました。グリップの色と若干の違いはありますが、良い色に仕上がったと思います。仕上げに#1…

蓄光目玉毛鉤ピンバッヂ

釣りの時の帽子に、何かしらの毛鉤ピンバッヂを作り、着けていますが、新しい毛鉤会帽のがなかったので作ることにしました。今回は、蓄光目玉毛鉤のピンバッヂ。 今期、注目度が急上昇した、あのハリガネムシの宿主のバッタ類をイメージしてみました。 上か…

第2回、布袋竹竿栓の塗り。

布袋竹竿栓の塗り2回目を実施しました。今回は、透の割合と淡透の割合を5:5くらいに。乾燥上がりを見てみると…グリップの色に大きく近づいてきました。次回もまた、ヤスリで均して3回目の塗りです。本漆なら#600のところ、新うるしなどの合成漆は#320〜400が…

布袋竹竿栓の塗り1回目。

竿栓の加工が終わったので新うるしで塗りました。ルーターと精密棒ヤスリ、耐水ペーパー#240と#400を使い加工、丸みを出したりするのは、なかなか大変です。一つの節目のところに虫食いのような穴がありました。何か埋め込むか、目打ちのようにして埋めてし…

布袋竹で竿栓を作る。

夏に完成した「別誂 金剛 布袋竹握り」の自作握りに使用し、余った布袋竹で竿栓を作ろうと思います。 栓として適度な長さに切りました。 そして栓の上部を抜かないように、ドリルで一つだけ節を抜き、ヤスリを使い慎重に拡張。とりあえずは、栓として機能す…

DIY ハリスディスペンサーの手直し。

出来上がったハリスディスペンサーをザックに取り付け、実際に背負って使用感を見てみたところ、いろいろ手直しが必要でした。 先ず、大き過ぎたカラナビを小さいリング付きのものに変更。写真のように取り付けました。 更に、少し長めに設定した事で、ブラ…

DIY ハリスディスペンサー。

このところ、夏場の暑さもあり釣行時は、ベストではなく小さめのポーチをザックのウエストベルトに装着して使っていました。 しかし、ウエストにポーチがあると岩に張り付くような感じになったりすると、意外と邪魔に感じます。 前回の釣行では、C&Fから発売…

別誂 金剛 布袋竹握り竿用 元上竿栓

別誂 金剛 布袋竹握り竿用の元上竿栓を作りました。 以前の別誂 金剛の竿栓では、コルクを使っていましたが、木固めをしても、あまり持ちませんでした。 そして、グリップ改造を始める少し前から角柱状のゴム棒を使い元上竿栓としていましたが、元上竿栓用の…

祝・完成!

度重なる失敗に何度もやり直し、作業に入った5月28日から約3ヶ月を経て、遂に「別誂・金剛てんから 特製、布袋竹握り」が完成しました! 長かったです。(汗)そして思った以上に大変でした。最初に職人さんに言われた以上に感じました(大汗) その分、一昨…

グリップ弄りも再開しましたが、

前回、目打ちをやめて塗装した全てを綺麗に耐水ヤスリで取り除きました。そして二日前に一回目を塗り、二回目を塗っていると・・・塗って少しすると、部分的に数箇所、ゼリー状に剥けるように少しづつ拡大するではありませんか! なぜ!?2日も乾燥させてい…

目打ちは止めます!

先日、「とことんやってやります!」宣言した目打ちですが、早々に諦めました。そうです。止めます。代表から頂いたコメントで「はゥ!!!」としました、。毛鉤巻きでのやり過ぎた結果を考えると同様になってしまう事、比較的スムーズに、そして出来も満足…

目打ちに狂わされて。

目打ちが、なかなかに難しくて思うように出来なく、何度もやり直し、なんとか上手く行ったと思うと乾燥でつまずき、ペーパーヤスリで取り除いたり、シール剥がしで取り除く事を繰り返しているうちに、綺麗に出来たはずの本体部分がおかしい事になってしまい…

Neo Tenkara LT36SC SE. (Zoom)

テンカラを始めた当初に購入したNeo Tnkara LT36 です。皆で釣りに行く時に、「adidas」のパロった「ajides」と言うアディダスのロゴの葉っぱの先端が鯵になっているシールを貼っていたことから、「アジデス」の愛称で呼ばれていた竿ですが、使用機会もほと…

目打ちをやり直してみる。

脈打つ目打ちを高番手の耐水ペーパーで慎重に水研ぎして行くと、中はまだ半乾き状態でした。これは!?と思い、フグ印の専用洗い液を一滴垂らして見ると、少し滲んできましました。おやおや!と思い、臭い的に似ているので、試しにシール剥がしをペーパーに…

布袋竹グリップに目打ちを

塗りと研ぎで一応は完成した布袋竹グリップに目打ちを施しました。栗の形にするとこから栗目打ちとも言うらしいです。元々は、竹の枝の部分からの水の侵入を防ぐ目的で施されてきたそうですが、今は、飾りの一つだそうです。このグリップに唯一の枝の部分に…