上楠川へ

黒姫から車で30分くらいと思ったより近い、そばが美味しいと言う戸隠を流れる上楠川へ行きました。

現地駐車場からの眺めは、春と言うより秋?新緑の葉が赤っぽい木々が多いようです。

f:id:petauro:20140514085427j:plain

里川感あふれるあふれる川です。養沢を練習に選んで正解(行きませんでしたけど)

気温9℃、水温5℃、雪代と前日の雨の影響か、白濁りが入っていました。

f:id:petauro:20140514085634j:plain

入渓した所から、新旧踏み跡だらけに生活感あふれるゴミに少しテンションが下がります。加えて強風により、キャストさえままなりません。こんな時は、ショットにBHで対抗してみます。しかし、行けども行けども走る魚影さえも見えません。強風でキャストしても吹き戻されたりします(笑)

そんな中、ようやく比較的水深のある岩盤際に魚影を見つけました。

身を屈め、風がおさまる一瞬のタイミングを見計らいキャスト。風に対抗するように竿、ラインを操作しました。

そして、ようやく放流岩魚が釣れました。

f:id:petauro:20140514085723j:plain

ヒレもボロボロの豹柄イワナですが、キープ。ノルマ達成まであと1尾。(黒姫でお世話になった方に最低で2尾、持って帰らなくてはなりませんでした(汗)

一度退渓し、蕎麦を食べに行きました。

桜咲く戸隠中社を抜け、目的のそば屋へ。長野は、そば屋のガイドブックがあり、戸隠の中社前の通り沿いにもたくさんのそば屋が並びます。

f:id:petauro:20140514090018j:plain

その中で、皆にお勧めされた「元祖 手打そば 岩戸屋」さんです。

f:id:petauro:20140514085928j:plain

たらふく食べました。他にも数件行きましたが、それぞれがそれぞれに美味しいですね!

更に、周辺を散策します。

f:id:petauro:20140514090307j:plain

山中のタンポポは、本当に大玉タンポポですね。ヨーロッパでは、西洋タンポポをサラダなどで食べますが、この辺りのタンポポは、生え方と言いとても美味しそうです(笑)

場所を移動し、楠川本流筋横の道路を走りながら途中30分くらい竿を出しました。ノルマの2尾目を釣り上げなくてはなりませんでした。

こちらも先行者の足跡だらけ、強風で大変でしたが、なんとか放流ヤマメをゲット。活け締めて、最低ノルマを達成したので即退渓。

やはり、石を組んで撮影場所を設けて撮影したいと思えるような綺麗な魚が釣れる所が好きだなぁと改めて思いました。

オシャレな「高原茶屋」にて。

f:id:petauro:20140514172456j:plain

オシャレな「木の実のタルト」とコーヒーを頂き、帰路に着きました。 

広告を非表示にする