布袋竹グリップのために

布袋竹グリップを作るために、代表より勧めのあった櫻井釣漁具店へ行って来ました。

f:id:petauro:20140604161903j:plain
地図で見るより神田駅から近く、ビルのほんの一角に入口があり、通り過ぎそうになりました(汗)入口から地下へ続く階段前のガラスショーケースの中には、竹竿作成用品と竹竿があり「ここか!」といった感じ。階段を降りると引き扉があり、中に入ると・・・思ったよりこじんまりとしていてお店と言うより工房の感じがしました。一通り回ってみましたが、竹竿も竹のなんたるかもわからないド素人の自分には何が何だかわからない・・・。そこで、お店の人に聞いてみると「詳しい者を呼びます」と、何処かに電話を掛けて、少しすると、如何にも職人です感の方が来ました。金剛の一部と吉田代表の不善シリーズの写真を見てもらいながら具体的なイメージを伝え、最初ダルそうな感じでしたが、だんだんとノ乗って来たのか、竹のアレやコレや、具体的な加工方法を教えて頂き、更に数ある布袋竹の中から最良の竹を選んでくれ、更に更に、実践で加工の仕方や具合を見せて頂きました。

家に帰ると早速、教えて頂いて来た通りに布袋竹の節間の汚れを落とし、綺麗にヤスリ掛けしました。

f:id:petauro:20140604091144j:plain

2本になっていますが、もともと一本でグリップ長に合わせて切ってくれました。右が掃除前、左がグリップ用に掃除済みです。節目の黒いヨゴレを綺麗に落とす事が仕上がりに大きな影響を及ぼすとのことでした。(本当は、もっと写真があったのですがSDカードの不具合で全て消失してしまいました・・・)

これから竿本体が通るように穴を加工します。そして塗装前のヤスリ掛けに。

 ふぐ印の塗装うるしも購入。

f:id:petauro:20140604092013j:plain

目打ち用に別誂金剛の赤朱色?っぽい色のうるし、本体部分用は淡色にしました。

布袋竹グリップ制作を進めながら、ブナグリップにフグ印うるしを練習も兼ねて塗ってみたいと思います。


広告を非表示にする