「布袋竹グリップ加工」

内径拡張作業の合間にワインディンチェックを付けました。

櫻井釣漁具店のジャンク品から適当にサイズの合いそうなものを、職人さんと相談の上に見つけて来た物で「ワインディングチェック」ではなく別の名前で呼んでいましたが忘れてしまいました(汗)

内径に合うようにルーターとヤスリで少しづつ作業しました。

f:id:petauro:20140610235148j:plain

取り付けてみた雰囲気です。一気に格好良さが上がりました!

f:id:petauro:20140610235351j:plain

そして内径拡張作業も頑張って、ついに竿が通りました!

f:id:petauro:20140610235657j:plain

元のコルクグリップと同じ深さにぴったりの状態です。

太いとは言えカーボンはしなるので、コルクやEVAのようにフレキシブルとはいかない竹は、あまりにピッタリでは駄目なのではないかと思ってしまいます。どうなんでしょうね。

しかし、竿を通した状態を眺めていると、やってやった感を凄く感じます(笑)別誂感も5割以上増しですね。

まだまだ完成ではありません。次は、下栓です。日新の物は金属が主張しすぎているし、金剛の元々のものは外径と色が合わず微妙です。なにか無いかと御ネット様にお伺いを立ててみる事にします。

 

広告を非表示にする