読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

ヘビー級の毛鉤のキャスティング

キャスティング( ^_^)/~~~*

滝壺を攻略したい。毛鉤としては超重量級?の毛鉤のキャスティング編です。

テンカラのキャスティングにとってBHなどのウエイトを使用した場合、バックキャストからホワードキャストが「ビヨ〜ンビヨ〜ン」として、別の意味で難しくなります。
シューティングラインやフライラインなど重めのラインを使うことでバランスが改善されて、有る程度キャストし易くなりますが・・・それでも0.5gクラスになると「ビヨ〜ンビヨ〜ン」としてしまいますね(汗)
この「ビヨ〜ンビヨ〜ン」とするキャストは、飛距離を稼ぐ事が出来ても、着水からの初期沈下速度は、0.5gでも1gでも大差はありません。
着水した瞬間から竿のティップまでピンと張り過ぎたラインにより、手前に引かれなが沈んで行くからです。しかも毛鉤の側面からビタんっ!と着水するために、抵抗が大きく、垂直に方向に沈める事ができません。魚の警戒心へ与える影響も大きいでしょう。
水泳の飛び込み競技を想像して下さい。
垂直に飛び込むことで、抵抗が少なくスッと水面を割って一気に深くまで潜っていきます。飛び込み競技を応用することで0.5gや1gクラスの毛鉤もスッと送り込めると考えます。
コレを個人的に心の中でくるりんぱ投法」と言っています。

f:id:petauro:20140903081736j:plain

実際には、キャスティングの核心だと勝手に思っている、「如何に竿の反発力を得るか」から来ています。ロールキャストと同じようなやり方です。

ユックリとピックアップしてきた毛鉤を自分の横かやや後方に構え、時計の針でいうと後方に10時の位置に竿を構えます。(ポイントによっては、11〜12時で)ワンテンポ置き、毛鉤が自分の横か後方に来て、プラ〜ンとしてティップに重みを感じたタイミングで少し竿を前に倒す(10cmくらい)と、さらにティップがシナリます。そのまま「えい!」と10〜9時くらいに竿を倒すと、大きな放物線を描いて毛鉤が飛んで行き、頭からストン!とほぼ垂直に水面に飛び込みます。

ハリスも同じようにほぼ垂直で入り、ラインに弛みがあ事で、ダイブしてからの初期沈下速度と水深を稼ぐ事が出来ます。流せる距離が短い所でも、更なる撃沈を可能にしてくれます。

バックスペースが必要ないので便利ですし、1.5や2.0号のレベルラインでも可能です。

仕掛けは、基本的な竿尻いっぱいのラインにハリス一ヒロ前後までが投下し易いです。あまりに長いラインを使用の時は、ピックアップ時の最後に軽く持ち上げるようにして、軽くビヨ〜ンと浮かして、飛んで来た毛鉤が自分の横を通過〜後方に達した(ラインの長さによる)タイミングで竿を前に倒すと、飛んでいきます。

滝の落ち込みに合わせてギュィ〜んっ!と、一気に底まで・・・と、そこまで上手く行きませんが、超重量級をより深くへ入れるためのキャスティング編でした。
 
 
 
広告を非表示にする