別誂 金剛 布袋竹握り竿用 元上竿栓

別誂 金剛 布袋竹握り竿用の元上竿栓を作りました。

以前の別誂 金剛の竿栓では、コルクを使っていましたが、木固めをしても、あまり持ちませんでした。

そして、グリップ改造を始める少し前から角柱状のゴム棒を使い元上竿栓としていましたが、元上竿栓用の素材として、いろいろ探してみたものの、簡単に手に入り、加工も楽で耐久性もあるものとなると、なかなか無いものです。

そこで、今回もホームセンターへ行き、前と同じ角柱状のゴム棒を購入してきました。

 

f:id:petauro:20140914232000j:plain

ノギスで奥行きを測り、カットし、ズームの節の元径に合わせて、カッターを使い角を落として出来上がり。

筏竿用の竿栓の内径にも、未加工でジャストフィット。

f:id:petauro:20140914232005j:plain

別誂 金剛(改) 布袋竹握りに装填し、動作を確認すると、降り出し時に、元上に固定されたゴム棒元上竿栓が、くっ付いたまま、内径的に限界の所まで動いてしまいます。

何か良い手は無いかと思案しています。前のグリップの竿栓では、径の合うワッシャーとネジで固定していましたが、今回の筏竿用竿栓では、使えるワッシャーが見つかりませんでした。

そこで今のところ、筏竿用にリングが取り付けてあった穴から、直接ネジで固定しました。

f:id:petauro:20140914232011j:plain

コレで、ズームロッドとしての機能が復活しました。残る問題は、見た目だけです。

広告を非表示にする