読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

強風の黒目川でキャスティング練習と鯉釣り。

釣行にっき/〜*>*))))>( キャスティング( ^_^)/~~~*

急に冷え込んだ朝9時より出勤前のキャスティング練習と鯉釣り。またまた都会のチョークストリーム黒目川へ。

日差しは暖かいものの強風により、一段と寒く感じますね。コカゲロウはもとより、ユスリカなどのミッジのハッチさえほとんどないと言う状況でした。

f:id:petauro:20150128143046j:plain

釣りに行くときに無風と言う状況はほとんど無いと思うので、強風下で、特に向かい風で如何にオーバーヘッドキャストとロールキャストをしっかりターンさせるかについて集中して練習しました。

後は、見様見真似のアンダーハンドキャスト。基本通りにリフト→ボディターン→ハーフサークル→バックストップ(ドリフト)→シュートと。横回転の向心力と遠心力をバックストップで慣性力を使い縦回転に変換し、リーダータッチがアンカーになってパワーが増幅。からのオーバーヘッドキャストのようにシュート。大体こんな感じか?と思いつつ練習してみるものの、そんなに上手く行くわけがありません。

練習の後は、鯉釣り。鯉先生にご教授願うべく戦闘態勢を整え、いざ尋常に勝負!

チヌ針1号にレッドワイヤーを仕込んで仕立てたパンフライをナチュラルドリフトさせると、幸先よくヒット!

前回の反省を踏まえ、ノット関係を慎重にしたこともあり、合わせからダッシュを持ち堪え、爆走する鯉にテンカラで培った人間ドラグも駆使して上流に下流に走り周りましたが、沈んだ石に巻かれてラインブレイク(汗)

場所を少し移動して2匹目!こいつも暴走超特急と化し50m走の往復運動をさせられました。相手もヘロヘロになって来たところで寄せて来ると、突然の猛烈な再ダッシュに反応出来ずにラインブレイク(大汗)ヘロヘロになったと思わせて、実は休んでいたんですね。きっと。こちらが油断するのを解っていたような…

気を取り直して3匹目。と、いきたいところでしたが、先の2匹にだいぶ激しくやられたので、スレてしまったのか、スイングさせたりすると反応するものの、少しでもドラッグがかかるとプイっと見切られてしまう始末。強風もありナチュラルドリフトするのに苦労します。

撤収時間も迫ったころ、上手くナチュラルドリフト出来た時、遂に3匹目がパンフライを吸い込みました。

フォールを入れながら確実にフッキング!と、同時に爆走を始める鯉。しかも今日一の鯉ときました。今度は、およそ100m間を激走2往復!

今回は、しっかりとカメラを首からぶら下げていたので、少し余裕が出てきたところでパシャっと!

f:id:petauro:20150128143058j:plain

リールのドラグとサミングによるドラグ、人間ドラグを駆使してなんとか取り込めそうなところまでくると、気持ちに余裕が出て、ランディングポイントを探していると、フと視界に人人人!!!???いつの間にかギャラリーがいるではありませんか(汗)

ぱんぱんになった腕と激走で汗タラタラなところで更に、緊張(大汗)

3度目の正直とギャラリーの方々のためにも絶対に取らなくてはいけないと言う中、寄せては離れ、寄せては行きを繰り返し、遂にネットインの瞬間が!と言うところでまた遠ざかる鯉!

これを何度も繰り返し、やっとの事で遂にネットイン!!!20分の激闘に終止符がうたれました。

ランディングネットから半分もはみ出す70cmに迫ろうかという魚体とその重量に、よく取れたなと…達成感が!

f:id:petauro:20150128143111j:plain

最後にプチ撮影会(笑)写真はギャラリーの方に撮って頂きました。

 

  • Rod→TFO BVK 8f#3 (TF03804B)  + コンバージョンキット (TF03105B) = 10f #3
  • Line→OH&D Yamame WF3F
  • Leader→TMC Finess 5X 8ft
  • Tippet→Seaguar Grandmax FX 0.8号

 

 
広告を非表示にする