ストリーマーを巻きました。

ストリーマー系は、シーズン中の渓での出番はありませんが管釣では使ったりします。特に大型の魚が入っているようなところで使用すれば、その効果は抜群ですね。

乾燥状態のストリーマー系は、まるで小魚に見えないことが多いのですが、一度水中に入ると水を得た魚のようになります。その水中での動きや見た目を想像しながらのタイイングがまた楽しいです。

 

f:id:petauro:20150131235908j:plain

フラッシャブーやクリスタルダブを使用して体表の煌めきを。マラブーとメルティファイバーで背と腹の濃淡を表現してみました。

f:id:petauro:20150131235913j:plain

繊細なメルティファイバーは、メルティというだけあって溶ける感じがするほどの透明があり、その動きも繊細で面白いアイテムとおもいました。

こういうのは水槽で引いているだけでも楽しいですが、是非魚を掛けてみたいですね。解禁前に一度は、タマゾンへ出かけてみようかな。

広告を非表示にする