ワンタッチランディングネットのグリップ塗りなおし完了!

新うるしを使った塗装は、塗っては研ぎを繰り返すので、完成まで時間がかかってしまいます。

さらには、新うるしを使って絵まで描いてしまってので、余計に時間がかかりました。

しかし、銘木のグリップを使用した高級インスタネットにも引けを取らない感じに仕上げることができました。

f:id:petauro:20150420223755j:plain

革製のケースが似合いそうです(汗)

左から、別誂 金剛 特製布袋竹握り。ワンタッチランディングネット(改)。金剛セキレイの握り。全て新うるしにて塗装しています。

f:id:petauro:20150420223801j:plain

遡行では、岩などに擦れてあっという間にダメになってしまうかもしれませんが、その時はその時でまた塗ることにしましょう。

ところで、前回作った竿栓は、木管ではなく、木棒を用意して木工用インパクトで穴を開ける方が簡単にできるし、木目も揃って綺麗にできることに、電車内で気づいてしまいました(汗)あんな、ほんの直径8mm、厚さ2mm程度のものに対する出費と作業時間が......(大汗)

経験値と授業料を払ったということで。

 

広告を非表示にする