読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

すっかり冬。

日中は暖かくて近所のお庭にはゴーヤだとかトマトだとか、夏が旬のはずの野菜が盛大に味をつけてまして、ついこの前の日中であれば蝉の声なんてのも聞こえていたものですがね、ここんとこの急な気温低下に、衣類の調整がついてってませんな。

12月も目前とあって、もうすぐ今年もアッと言う間にお終いですよ。

テレビ付けてると、お笑い系特番が多くなっていてですね、リアクション芸人も多く目に付きますな。

川のお魚さんたちも寒くなって来ると居食いすらしない奴もいるんでね、そんな時は振ってですね、リアクションで喰わせたりしますね。

ルアーでも特にスプーンだと、黒金だとか赤金だとか銀ピンクだとかピンクゴールドだとか釣れる定番カラーがありますよね。

そんなカラーの中でもひときは銀が絡む色ってのが冬の魚に効果があるように感じてましてですね、冬によく使う色になってます。

f:id:petauro:20151129001804j:plain

毎年、少しのフォルム変更はあものの、もはや定番となってる毛鉤↑を巻きましたよ。

赤銀ってのが一番よく感じてましてね、このカラーは冬季の絶対的エースですな。

色に寄ってましたけども、銀の部分のいろいろありましてですね、今のマテリアルを手にするまでにアルミホイルだとかティンセルだとか、見つかる限りを試してきましたよ。

今のマテリアルは、何年も前に頂いたお菓子の箱を包んであったそれは上品な包み紙のを結わえてあった紐なんですよ。専門店でも売ってるけれどもですね、高いですね。

アルミホイルだとかティンセル系マテリアルだと平面だし、銀リブだと巻が一方なんで線が一方向に出ちゃいますね。

リブはアルミホイルとかティンセルの保護にしてですよ、この2種をクロスさせると明らかに喰いが変わったんですな。

ここで、ブレイデッドラインを食ってくる魚がいることを思い出してですね。魚の鱗みたいに交差してるような要素が必要なんでないかとなりましてですね、お菓子の包み紐を使った毛鉤を使ったらですよ。爆釣ですよ。なんだこの違いは???てくらいなもんでした。

冬は稚魚シーズンだからか、ただ流すのはもちろんでゆっくりと少しだけスーっと引くだけでいいんで、ド派手系毛鉤とか引っ張り系毛鉤に比べましてもスレ難いですな。とは言いましてもピカリ物ってのはどうしてもですね、刺激が強いものでして、「飽きられる間に見切る」を合言葉に先発からのローテは必要になりますな。

 

Hook-OWNER 桑原テンカラ ストレート 5号

Thread-UNI Thread 8/0 Red

Boby-メタルマイラーチューブ(細) (お菓子についてきた紐)

Hackle1-Partridge Neck

Hackle2-Cock Saddle Black

 

広告を非表示にする