読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

管釣り用イカ毛鉤。

けばり *>*))))>(

12月に突入して今年も残すところあと僅かかぁ…解禁日が近づいてくるのは誠に嬉しいものなんですがね。ちょいッと早すぎやしませんか?スローライフを目指したいものですなぁ。

毛鉤を巻いてるとですね、そりゃあっという間に時間が過ぎるわけですが、管釣り用定番毛鉤を巻いて、過ごしましたよ。

f:id:petauro:20151129231123j:plain

シルバーのボールチェーンを使ってボディは、先日投稿した冬毛鉤と同じでして、マテリアルのつけ方もスマートにしてかなり沈みやすくなってます。ビーズ付けても、マテリアルのつけ方次第で水の抵抗が大っきくて、思いの外に沈んでないことって多いですね。

ウイング材と言いますか、唯一の毛の素材はですね、マラブーでして、写真はオレンジ使ってますけども、戦隊ものみたいに赤、青、黄、黒、白とかで用意しても面白いです。

毛鉤で釣るときはですね、基本的なナチュラルドリフトも逆引きも扇引きも、横に変化でして、これの場合は縦の変化をつけることに特化した仕様に仕立ててますよ。

グリップを人差し指でポンポンポンポンてたたくとですよ、ティップがピンピンピンピン動きまして、小刻みな上下運動誘いができます。

あんまり重たい毛鉤ですと竿のティップにかかる負荷が大きすぎてですね、逆にレスポンスや操作性が良くないですね。ある程度の重さで水の抵抗が少ない毛鉤の方がレスポンス良く誘えますな。

メタルジグとかスプーンを縦に動かして誘う時のフックの取り付け位置をハリスの結ぶ位置に近くすることでフッキングが良くなることを応用してマラブーはアイのところに15本程度付けてます。小刻みに誘うと、これがヒラヒラと線虫類のように艶かしく動いて、魚達にはどうしてもたたまらんもののようですよ。

ボールチェーンもフックシャンクの上に取り付けるとキールになってくれるので、誘い系毛鉤でのフッキングアップに一役かってくれてるようでして、沈下と誘いあげる時の姿勢に安定と絶妙な崩しを見せてくれるんでリアクションも期待できますな。

まあ、こんなんを巻き貯めてはいてもですよ、鱒釣りにはなかなか行かれないんですよ。明日はですね、近くへ鯉釣りに行けたらいいなと思っとります。

 

広告を非表示にする