minimarist R シューズ

FoxFireのminimarist Rシューズを手に入れました。

f:id:petauro:20140410092253j:plain

FoxFireと言えば、地味なカラーの多いウェーディング用品の中で、あのオレンジの衝撃的なカラーは、とても印象的でした。デザインと機能性からウェーダー用として即ゲットし、今も使用しています。

minimarist シリーズは、フェルトソールで、つま先と踵部分にピンの入ったモデルもあります。今使用中の秀山荘のフェルトシューズが、ダメになったら次は、コレにしようか思案中。

 minimarist Rシューズは、Non-skid Rubberと言うオリジナルラバーソールを採用していて、使用している方の意見を聞くとビブラムよりアクアステルスに近い物だと言う意見が多かったです。

f:id:petauro:20140410092316j:plain

このシューズの他には、秀山荘の忍者や、キャラバンのシューズも検討しましたが、共にビブラムソールではありますが、何よりデザイン性に惹かれてminimarist Rシューズにしました。ネオプレーンのグラベルガードも付いいて、更に脱着が用意になった印象です。

お店で試着した感想は、「デカイ!」と言うことです。普段履きの靴と同じサイズ表記(26.5=26.5cm)となっていますが、2cmくらい大きく感じました。普段26.5〜27.0cm前後の靴を履いているのですが、試着購入したシューズは、秀山荘のネオプレーンソックスを履いた状態で25.0cmでした。

ビブラムもアクアステルスも使った事が無いので、それぞれの違いは全くわかりませんが、使用したら感想を書きたいと思います。

初めてのラバーソールシューズですので、遡行には細心の注意で望みたいと思いますね。

広告を非表示にする