「別誂 金剛3.6」のグリップを改造します。

吉田代表の不善シリーズに大きく影響され、もともと工作系は好きなのでメインロッドの「別誂 金剛3.6」のグリップをこの機会に大改造しようと心に決めました。

今までは、この竿唯一の不満の独特にシェイプされたコルクグリップに、更に上からテニスなどのグリップを巻いたり、自己融着テープで少しでもなじみ易いようにして使ってきました。

手始めに、今日はこのコルクグリップを剥ぎ取ります。

f:id:petauro:20140528231458j:plain

自己融着テープを剥ぎ取ると、過去に巻いていた赤いテニスのグリップの痕が・・・

f:id:petauro:20140528231939j:plain

赤い網タイツを履いているような(笑)竿栓付近の黒い凹みは、コルクが腐ってしまい虫歯状になっていました(汗)

とりあえずグリップを雑巾絞りのように捻ると、簡単に真ん中が外れました。

f:id:petauro:20140528232401j:plain

先細りになっている方から半分は接着されておらず簡単に抜けました。下半分は、かっちり接着されていたので切り込みを入れながら少しづつスライスして取り除きました。

f:id:petauro:20140528232745j:plain

ほぼ完了しました。

f:id:petauro:20140528232946j:plain

再利用予定の竿栓部分のコルクも取り除き、接着材をヤスリで綺麗に取り除きました。

f:id:petauro:20140528233420j:plain

後は、グリップ材をどうするかです。ブナやローズウッド、布袋竹が候補です。完成を想像しただけでヨダレものです。でも、材の加工機材の調達から始めなくてはなりません。

時間を見つけて神田方面に出掛けてみようと思います。

 

広告を非表示にする