プチ山歩き

昨日は、イタ嫁と百尋の滝まで行ってきました。細倉橋までバイクで行って登山道から歩きました。

11:52歩き出しだったのもあると思いますが、吹き抜ける風が温く、ジットリ湿気があり涼しく無かったです。それでも時々、冷涼な風が吹き抜けて、山から滲み出る冷たい水に癒されなが滝まで歩きました。

百尋の滝に着くと平日とは思えない混雑具合。

f:id:petauro:20140822225743j:plain

20〜30人ほどいて、もう場所がありません。

 下流側の適当なスペースにシートを広げ持ち込んだサンドイッチや唐揚げを、冷涼でマイナスイオンたっぷりの滝風を感じながらピクニックしました。

更に、最近は家の防災ザックに入れっぱなしの、イワタニガスジュニアバーナーとカフェテリアを持ち出して、美味しい空気の中コーヒーを愉しみました。

f:id:petauro:20140822225803j:plain

ウルトラバーナーもあるので釣行のとき持ち出そうかと思ってしまいます。 

しばらくすると登山の方々が一人もいなくなり、チビヤマメやらイワナ一年生が浅瀬に出て来て渓魚の学校状態(笑)

f:id:petauro:20140822231110j:plain

しばらく写真を撮ったり水遊びした後は、竿、レベル4mライン、ハリス0.8号2.5m、毛鉤(大きいのを数個)のコレぞテンカラ!と言う最少限の仕掛けをザックに忍ばせて来たので、少しばかり竿を出してみました(笑)

f:id:petauro:20140822225906j:plain

しかも、竿は、朝早起きして完成したばかりの「別誂・金剛、布袋竹握り」!!!

撃沈金玉ブラックウーリー#10を結び、ここぞと言う所に放ると数尾のチェイスがありハリスが引き込まれるアタリに合わせるも乗らず・・・これを数回繰り返すうちにテールのウーリーが短くなりました。テールのみ咥えられているようでサッパリ釣れません(汗)終いにはボディハックルが途中で切れてしまい、すっかり当たらなくなったところで納竿、下山しました。

 行きは、登山道入り口から、今年の雪崩の影響により通行止めサインがあり、更に行くと「この先、沢に転落の恐れあり」と言う看板やロープがあり、その危険箇所の折れ曲がった橋の少し上流側をよじ登って行来ました。帰りは、イタ嫁が、橋を使った方が降りやすそうだからとそちらを通りました。

f:id:petauro:20140822230858j:plain

ここは、滝側から来ると林道へ抜けるエスケープルートの指示がありました。

今回は片道50分くらいでしたが、少しづつ距離を延ばして山頂などでピクニックしてみたいです。

 

広告を非表示にする