「図解 釣り具手作り入門」

「図解 釣り具手作り入門(作り方から修理まで完全マスター)」と言う昭和57年に初版発行の本を手に入れました。今は「新 釣り具手作り入門」としてあるようです。

f:id:petauro:20140606234529j:plain

フライフィッシングギアハンドクラフト教書」とは違い、和製アイテムの自作教書です。

ページを捲ってすぐに、「釣り具の手作り。それはケチだからじゃない。ヘラウキは曲がっててもいい。手網はいびつでもかまわない。竿だって一尾釣れれば、後は折れたっていいじゃないか。これらわたしだけの釣具は、釣りの楽しさを無限に広げてくれる。」と、初心者の自分には勇気を与えてくれるような一文も。

それから、第一章「手作りのすすめ」には「むかしの釣りは釣具作りから始まった」とあります。今は、釣具店に行けばお手軽に道具を揃えられて良い物がたくさん手に入りますが、手作りの方法を知る事で、釣りの楽しさが広がり、製品を知る事ができるようになるのではないかとおもいました。

最近流行の、スローライフスローフードに繋がるスローフィッシング、スローテンカラ。ただガツガツと釣り上がる、たくさん釣るので無く、一尾との出会いを、もっともっと大切にしたいと思った次第です。

 

広告を非表示にする